機能を利用する

家賃相場のチェックは欠かせません

周辺の家賃相場を知っているか知らないかで売買交渉に大きく影響してきます。特に空室になっている中古ワンルームマンションを購入する時には注意しておきましょう。なぜならば、空室の物件の際には、実勢の家賃ではなく、想定家賃で計算されているからです。利回りが高いと飛びついて、その中古ワンルームマンションを購入しても、実際にその想定家賃で募集をかけて入居者が見つからなければ、家賃を下げて、募集をかけ直さなければならないのです。想定家賃はあくまでも不動産会社の主張する相場もしくは過去の実績であり、その家賃で入居者が決まるという保証はないのです。

スクリーニング機能を利用しよう

不動産投資をする際には、年間家賃と物件価格で利回りを算出します。自分が購入しようとしている中古ワンルームマンションの家賃でなく、周辺の平均家賃相場で算出すると、チラシに書いてある利回りと異なる数値が出てくることもしばしばあります。もしも、自分が算出した利回りの方が低ければ、その分、価格を下げるという行動を起こすことになりますし、自分が計算した利回りの方が高ければ、お宝物件を見つけたことになります。家賃相場を確認するときに気を付けるべきことは、なるべく同条件の物件を探すということです。単なる平均値だといろいろな物件が混在しているため、大雑把な情報になってしまいます。賃貸サイトを利用してスクリーニングをかけると良いです。